PAGE TOP

研修制度

ダスキン ライフケアでは、サービスを提供するケアスタッフのスキルを高めるために独自の研修を継続的に実施しています。 ダスキン ライフケアでは、サービスを提供するケアスタッフのスキルを高めるために独自の研修を継続的に実施しています。

スタッフ研修について

ご高齢者に関する基本知識から学び、傾聴やコミュニケーションの研修、認知症ケア・トレーニング、個別事例に対する検討会、コンプライアンス研修(相手の身になって考え行動する事)や危険予知研修を実施し、継続して研修をおこなう事でスキルアップを図っています。また、定期的なケアスタッフの集いや、ケアスタッフ・オブ・ザ・イヤ―の表彰によりサービスに意欲的に取り組むプログラムを設けています

ダスキン ライフケアの研修プログラム ダスキン ライフケアの研修プログラム

ダスキン ライフケアの研修プログラムは8項目の研修内容で構成されており、ケアスタッフのスキルレベルを「うける」「わかる」「できる」で評価する、独自の等級制度DLCC(ダスキン ライフケアコミュニケーション)3級~1級を設けています。

「知識」と「技術」をしっかり身につけてサービスに従事していただけるように研修やサポート体制が整っているので安心してお仕事を始められます。

  • DLCC3級

    サービス業のプロとしてのマナー教育や守秘義務の徹底

    高齢者心理の理解

    安心・安全なサービスを提供する為の危険予知研修

    認知症の基礎知識

    一般家事に関する基礎知識

  • DLCC2級

    お客様のご要望や思いを汲み取り実践する為の傾聴・コミュニケーション研修

    認知症の基本知識や周辺症状に対するケア方法を学ぶ認知症ケアトレーニング

    安心・安全なサービスを提供する為の身体介護の実技研修

  • DLCC1級

    受講した内容をサービスで常に実践できるよう継続した研修を実施

    認知症ケアの個別事例検討会

    コンプライアンス研修や危険予知研修の継続

    実技研修の継続によるスキルアップ

ダスキン ライフケアの研修プログラム